--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2012'02.14.17:05

デニムの生地

こんにちは


かっちゃんです


20120116-hinomaru.jpg


画像をクリックするとユーチューブサイトに飛びます



Banper Hit!がプロデュースする2012年注目の新ブランド"HINOMARU VINTAGE"

1st Premium Lineはなんと生地、

ボタン(表/裏)、リベット(表/裏)、ハラコ革パッチ、スレキ(袋布)

そして刻印入りのヴィンテージリベットと全てがフルオリジナル!


↑の画像をクリックすると

そんなHINOMARU VINTAGEが出来るまでの作業工程を紹介しています!

細部に渡ってこだわった本物のデニムパンツをご堪能ください!





今日は


デニムの事をもっと知って頂きたく



デニムの編み方を勉強です。


右.jpg


ライトハンドツイル(右綾)


通常のデニム生地。右上から左下に向かっての畝(綾目)が流れているのが特徴。

一般的に今!市場販売されているデニムがこの織り方を採用しております。







左.jpg


レフトハンドツイル(左綾)


右綾とは逆の綾目が流れているデニム生地。


右綾との違いは!!一般的に「ヒゲ」や「タテオチ」と


言ったヴィンテージの風合いがより綺麗に出やすい織り方です!!









ブロークン.jpg


ブロークンツイル

右綾もしくは左綾の綾目を崩した(壊した)デニム生地。

綾を崩す事で織物の構造が堅牢になるので、「ねじれ」がでずらく

シルエットを保ったまま履ける織り方です!

一番手間のかかる織り方です




っと色々な編み方がありますね


それでは今日はこの辺で

スポンサーサイト
ショップ日誌トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © BANPERHIT!. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。